目指せコンデレ!ミニ四駆ドレスアップパーツコレクション

ミニ四駆のコンクールデレガンスに活用できそうなパーツ類を(主に剥ぎ取り目的で)カラーパターン別にリストアップしたり、ドレスアップに役立つ情報も掲載します。

2018年02月

グリーンの小径ホイール(スーパーX・XXシャーシ用小径3本スポークホイール)を集めました、剥ぎ取りリストとしてご活用ください。
は色自体が成型色なので、走行中に破損しても傷が目立ちにくいです。
後輪の幅が広いのが特徴、加工してホイールスタビやフジヤマブレーキ等の材料にも使用することも多いパーツです。
※マシン付属の限定ホイールも紹介します。

ナックルブレイカー ブラックスペシャル
エアロミニ四駆シリーズ No.08 ナックルブレイカー ブラックスペシャル (スーパーXシャーシ) 19608

ビックカメラ(楽天)みあみ(楽天)

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ

専用の樹脂染料や鍋とコンロ(電子レンジで代用可)が必要だったり、ニオイが大変だったりするカーボン塗装ですが、簡単に染色する方法が暫定的に見つかったようです。
1.新聞紙
2.シルバーカーボン

タミヤ ミニ四駆特別企画商品 HG カーボンマルチ補強プレート 1.5mm/シルバー 95307

ビックカメラ(楽天)あみあみ(楽天) 3.コピック(とにかく色の濃いものを選ぶのがコツ)
※動画内では青系を使用。


4.タミヤ フィニッシングペーパー 400番
タミヤ メイクアップ材シリーズ No.54 フィニッシングペーパー 400番 87054

ビックカメラ(楽天)あみあみ(楽天) 5.タミヤ スプレー TS-13 クリヤー
タミヤ スプレー No.13 TS-13 クリヤー 85013

Joshin(楽天)ホビーゾーン(楽天)

 参考動画:


1.カーボンの表面を400番のヤスリで削る
(光沢がなくなる程度まで、あまり削り過ぎないこと)

2.削った表面をコピックで塗る

3.塗った面をクリアを噴く(一往復くらいが目安)

4.塗った面を新聞紙で擦って、乾いた部分でもう一度擦る

で完成です。
コピックで塗った状態よりかなり薄くなるので、コピックはとにかく濃いものをオススメします。

(新聞紙で一度擦ってはいますが)コースと擦れた場合に剥がれるか否かはまだ検証していないようなので注意してください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ

ミニ四駆のプラボディをキャンディ塗装するとメタリック調になって表面がキラキラに仕上がります。
それではこれから、キャンディ塗装の方法をまとめていきたいと思います。

材料:
各種プラボディ(動画ではシルボルフを使用)

ジルボルフ
タミヤ ミニ四駆PROシリーズ No.45 ジルボルフ MAシャーシ 18645

ビックカメラ(楽天)ホビーショップ タムタム(楽天)

タミヤ メイクアップ材シリーズ No.57 フィニッシングペーパー P1000番
タミヤ メイクアップ材シリーズ No.57 フィニッシングペーパー P1000番 87057

あみあみ(楽天)ホビーショップ タムタム(楽天)

タミヤ メイクアップ材シリーズ ファインサーフェイサー L (ホワイト)
タミヤ メイクアップ材シリーズ No.44 ファインサーフェイサー L (ホワイト) 87044

ホビーゾーン(楽天)Joshin(楽天)

タミヤ スプレー TS-30 シルバーリーフ
タミヤ スプレー No.30 TS-30 シルバーリーフ 85030

Joshin(楽天)ホビーゾーン(楽天)

プラボディ用・クリア系塗料(動画ではクリヤーブルーを使用)

タミヤ スプレー TS-72 クリヤーブルー
タミヤ スプレー No.72 TS-72 クリヤーブルー 85072

ビックカメラ(楽天)Joshin(楽天)

GSIクレオス Mr.スーパークリアー スプレー 光沢
GSIクレオス Mr.スーパークリアー スプレー 光沢 B513

ビックカメラ(楽天)Joshin(楽天)

タミヤ メイクアップ材シリーズ No.60 フィニッシングペーパー 2000番
タミヤ メイクアップ材シリーズ No.60 フィニッシングペーパー 2000番 87060

あみあみ(楽天)ホビーゾーン(楽天)

タミヤ コンパウンド 粗目
タミヤ コンパウンド 粗目

ビックカメラ(楽天)あみあみ(楽天)

タミヤコンパウンド 細目
プラモデル 工具 タミヤ (ITEM 87069) タミヤコンパウンド (細目)

ビックカメラ(楽天)あみあみ(楽天)

タミヤコンパウンド 仕上げ目
タミヤ メイクアップ材 コンパウンド 仕上げ目 87070

Joshin(楽天)あみあみ(楽天)

工程1.
ボディの繋ぎ目を1000番のヤスリで削る

工程2.
塗料が入りやすいよう、全体にヤスリ掛けをして表面に傷をつける

工程3.
継ぎ目は瞬間接着剤で埋めて、平らになるまでデザインナイフで削る

工程4.
水と中性洗剤で洗って乾燥させる

参考動画:

TAMIYA ジルボルフ~ボディにヤスリがけ~ Vol3

工程5.
全体が真っ白になるまでサーフェイサー(ホワイト)を塗装する
(一度塗りではなく二度、三度に分ける)
(出っ張りが出たらヤスリで削ってからサフを再度塗り直す)

工程6.
シルバーリーフで全体を塗装する
(ホコリが付着した場合はヤスリで削って再度塗り直す)

参考動画:

【ミニ四駆初心者】TAMIYA SILWOLF~下地塗装~ Vol4

工程7.クリアのスプレーで何度か塗る
(場所によって濃淡が出た場合、濃い方に色を合わせる)
(一度塗りではなく二度、三度に分ける)
(ムラが出来ないようスプレーとボディとの距離に気をつける、あまり接近し過ぎない、無闇に重ねない)
(五円玉を間に挟んで塗料を調整すると塗りやすい)
(室内など、無風状態の場所が好ましい)

参考動画:

【ミニ四駆初心者】TAMIYA SILWOLF~キャンディ塗装~ Vol5

工程8.クリアを吹き付ける
(一度塗りではなく二度、三度に分ける)

参考動画:

【ミニ四駆初心者】TAMIYA SILWOLF~クリアー塗装~ Vol7

工程9.
2000番のヤスリでボディ全体を薄く削る
(塗料が剥げるので、削り過ぎないよう注意)

工程10.
タミヤコンパウンド粗目、細目、仕上げ目の順で磨く
(目安は仕上げ目で磨いた際に照明が反射する位まで)

参考動画:

【ミニ四駆初心者】TAMIYA SILWOLF~ゴールド塗装~ Vol9

参考動画:



以上で基本的な流れは完成です。
プラボディでのキャンディ塗装に成功すると表面がキラキラに光るので、是非チャレンジしてみてください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ

「レタリングシート」を使えば(フォント等が限定されちゃうのが欠点ですが)気軽に白文字などのレタリングが出来るんじゃないか……と気づいたので使えそうなものをピックアップして紹介します。

東洋マーク ワンタッチ ホワイト ステッカー Y-1(アルファベット・白字)
東洋マーク ワンタッチ ホワイト ステッカー Y-1

カー吉(楽天)

東洋マーク ワンタッチ レッド ステッカー Y-2(アルファベット・赤字)
東洋マーク ワンタッチ レッド ステッカー Y-2

カー吉(楽天)

東洋マーク ワンタッチ ゴールド ステッカー Y-4(アルファベット・金字)
東洋マーク ワンタッチ ゴールド ステッカー Y-4

カー吉(楽天)

東洋マーク ワンタッチ シルバー ステッカー Y-4(アルファベット・銀字)
東洋マーク ワンタッチ シルバー ステッカー Y-5

カー吉(楽天)

東洋マーク ワンタッチ ブラック ステッカー Y-3(アルファベット・黒字)
東洋マーク ワンタッチ ブラック ステッカー Y-3

カー吉(楽天)

ヘルマラベル #4154(防水シール)【アルファベット小】
ヘルマラベル #4154(防水シール)【アルファベット小】 304154

文具・文房具のKDM(楽天)

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ

ポリカボディをギラギラのメッキボディ風に塗装する方法を紹介します。

材料1.ポリカボディ
(動画ではアバンテを使用)

アバンテJr .クリヤーボディ
タミヤ ミニ四駆限定 アバンテJr .クリヤーボディ 94343

コジマ(楽天)おもちゃのおぢいさんの店(楽天)

タミヤ ポリカーボネートスプレー パールクリヤー
タミヤ ポリカーボネートスプレー No.58 PS-58 パールクリヤー 86058

Joshin(楽天)ホビーショップ タムタム(楽天)

半透明のポリカーボネート用スプレー(映画ではフロストオレンジを使用)
タミヤ ポリカーボネートスプレー No.43 PS-43 フロストオレンジ 86043

Joshin(楽天)ビックカメラ(楽天)

ミラー調スプレー※本来はアクリル用ですが、ポリカボディにも使用可能
ミラー調スプレー

ホームセンターブリコ(楽天)アクリサンデー(楽天)

参考動画:


手順:
1.先にポリカボディを切断する
2.裏側を中性洗剤で洗って乾燥させる
3.(マスキングしたい場合は)裏側からマスキングテープを貼る
4.パールクリヤーを全体に吹きつける
5.金属につけたい色(作中ではフロストオレンジを使用)を全体的に吹きつける(色ムラが出ないよう注意、何度かに分けて塗る)
6.(マスキングした場合は)マスキングテープを剥がす
7.ミラー調スプレーを何回かに分けて吹きつける(乾かすと反射し始める)
8.表側のフィルムを剥がして完成

と言う流れです。

以上で様々なカラーリングのメッキ風ポリカボディが作成できます……が、巷の噂によるとこのミラー調スプレー、衝撃に弱いと言う欠点があります。

クラッシュが頻発するミニ四駆、このまま使用すると塗料が剥がれかねないので「裏打ち」する必要があります。

材料:
和信ペイント 水溶性つや出しニススプレー
和信ペイント 水溶性つや出しニススプレー 300ml

DCMオンライン(楽天)ホームセンター通販 くろがねの森(楽天)

参考:
メッキ塗装の方法:TRCミニ四駆日記

8.
表側のフィルムを剥がす前に、「水性ニススプレー」で裏打ち塗装(記事内だと2回行っている)
9.今度こそ皮膜を剥がして完成

という流れで完成します。
(これだけやってもクラッシュ時の衝撃で剥がれてしまう可能性もあるそうですが)気休め程度にしっかり塗料を保護しましょう。



にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ

このページのトップヘ