目指せコンデレ!ミニ四駆ドレスアップパーツコレクション

ミニ四駆のコンクールデレガンスに活用できそうなパーツ類を(主に剥ぎ取り目的で)カラーパターン別にリストアップしたり、ドレスアップに役立つ情報も掲載します。

カテゴリ: フェスタジョーヌのドレスアップ日記

フェスタジョーヌのボディを一切傷つけない内蔵フロントヒクオ、通称「サイドステップF」の続きです。
フロントヒクオ版のフェスタジョーヌを色々とシェイクダウンした結果、様々な改良点が見つかったので、解説したいと思います。
(気づいたらバージョン4くらい進行してます)
P_20200223_183904_2
主な改良点なのですが、真ん中の吊り下げ部分のプレートを、こんな風に「二段重ね」にしました。
その理由なのですが……
P_20200223_183935_2
一枚だけで作ろうとすると(フェスタジョーヌのボディの構造上)この部分がどうしても干渉しがちです。
吊り下げ部分のプレートを二段にすることで、この干渉ポイントを避けられます。

ウェーブ 瞬間接着剤×3G 高強度タイプ


あみあみ(楽天)ヤマダ電機(楽天)

プレートを接着する時の注意ですが、念のために「対衝撃用」の接着剤を使った方がいいです。

 P_20200223_183852_2
後は二段目のプレートですが、タイヤとの干渉を避けるためにプレートを斜めに削る必要があります。
(削らないと、26mmの場合にどうも干渉しがち。スイッチを切っている状態なら一見は干渉しないように見えても、いざ走らせた時に干渉するケースもあるので注意)
setumei
(※上から見た図です)
最後にビス穴を空ける位置も注意が必要で、こんな位置で穴を空けてください。
タイヤとの干渉を避けるためにビス穴の位置を後ろに下げて、さらにシャーシとの干渉を避けるため、できるだけビス穴を外側に空ける必要があるので「通常ビス」を使うのがコツです。
(皿ビスだとザグリ加工する必要がある分、どうしても内側に寄ってしまうため)


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ

3台目のフェスタジョーヌ「フェスタジョーヌ・スプライト」の走行用モデルを作りました。
P_20191229_195248_LL
P_20191229_195228_LL
P_20191229_195308_LL
P_20191229_195325_LL
以前使っていた紺シャーシを「リサイクル」する、と言うのがコンセプトで、フロントはバンパーカットする代わりに3mmカーボンを設置したおかげで、ローラーベースが結構縮まりました。
アルマイトローラーやアルミホイールもヤフオク等から見つけました。
以前作ったボディ非破壊リアヒクオ「サイドステップ」や「電池落とし」などにもチャレンジしました。
何よりお気に入りなのが、このボディの「黄緑・緑・ビリジアン」のグラデーション塗装です。
写真だと分かりづらいのですが半透明で、個人的に見てて気持ち良い配色に仕上がっています。
折角なので、塗装方法を解説したいと思います。

材料:
フェスタジョーヌ L グリーンスペシャル


あみあみ(楽天)おもちゃのおぢいさんの店

タミヤ ポリカーボネートスプレー No.42 PS-42 フロストイエロー


楽天ビック(楽天)Joshin(楽天)

タミヤ ポリカーボネートスプレー No.38 PS-38 フロストブルー


楽天ビック(楽天)Joshin(楽天)

タミヤ ポリカーボネートスプレー No.44 PS-44 フロストグリーン


楽天ビック(楽天)Joshin(楽天)

塗装方法:
1.フロント部分に「フロストイエロー」を塗って、真ん中はまだ塗らないで、リア部分を「フロントブルー」で塗る
(イエローは色の特性上、他の色より「弱い」ので、特にしっかり塗ってください)

2.フロント部分はフロストグリーンを「薄めに」真ん中は濃い目に、リア部分もそれなりに塗る
(フロント部分は薄めに、ほんの少し黄緑色になったかな?程度で収めておくのがコツ)

これで「黄緑・緑・ビリジアン」のグラデーション塗装の出来上がりです。
フロストカラーで重ね塗りすれば、単体で売ってない色も再現できる可能性があるので、是非チャレンジしてみましょう!


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ

今日「フェスタジョーヌ・グリーンスペシャル」が発売ました。

フェスタジョーヌ L グリーンスペシャル
  

ずっと楽しみにしてたので、早速買ってきて新しいマシンを作成しました。
P_20190712_220315
P_20190712_220306
P_20190712_220326

グリーンを名乗っておきながら、ボディが透明なままだとさすがに味気ないので、クリアボディを生かして半透明で、ライトグリーンとグリーンのグラデーションで塗りました。
材料:
タミヤ ポリカーボネートスプレー No.42 PS-42 フロストイエロー


楽天ビック(楽天)Joshin web(楽天)

タミヤ ポリカーボネートスプレー No.44 PS-44 フロストグリーン


楽天ビック(楽天)Joshin(楽天)

(フロント部分にフロストイエローを先に吹いてからフロストグリーンを吹くと「半透明の黄緑色」に塗れます)

さらにボディに合わせてシャーシはダークブルー、Aパーツはブラックを選びました。
ダークブルーのMAシャーシ剥ぎ取り先:
アバンテ Mk.III ジャパンカップ 2015 リミテッド


OHstore(楽天)コンビニマート(楽天)

ブラックのMAシャーシ用Aパーツの剥ぎ取り先(一例):
トヨタ ガズーレーシング WRT/ヤリス WRC


HOBBYONE(楽天)あみあみ(楽天)

個人的にはカラーリング的にしっくり来てて良い感じなのですが、いかがでしょうか?



モチーフはF1で一番美麗なマシンと言われる「ジョーダン191」で、「フェスタジョーヌ・グリーンスペシャル」が発売されると決まった時から計画していたのですが、ネーミングに色々と悩みました。

「フェスタジョーヌ191」
「フェスタジョーヌ・アイリッシュ(ジョーダン191のカラーリングがアイリッシュグリーンと呼ばれているため)」
「フェスタジョーヌ・7up(ジョーダン191のスポンサーが7upって言う清涼飲料水のため)」

…等と様々な候補を立ててみたのですが、なかなかしっくり来るものがなかったのですが、同じ緑モチーフで日本でも馴染みのある清涼飲料水から取って「フェスタジョーヌ・スプライト」と命名させて頂きます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ

以前「フェスタジョーヌのボディを一切傷つけない内蔵リアヒクオ、通称「サイドステップ」」と言うのを開発しましたが、どうしてもフロントバージョンを作ってみたくなったので、色々と試行錯誤していました。

当初の条件だった
「フェスタジョーヌのボディは基本的なカット方法のみ、デフォルトのビス穴のみを使う、穴空けや切断は一切しない」
だけでなく、折角なので
「MAシャーシやAパーツも一切加工せず、そのまま使う」
「その他、フェスタジョーヌがカッコ悪く見える改造はNG」
と言う条件も追加してみた結果、何とか完成しました。

それでは早速ですが、実物をご覧ください。

P_20190514_194509
P_20190514_194901_HDR
P_20190514_195044_HDR
P_20190514_195153_HDR

いかがでしょうか。
ちゃんとボディ内部にヒクオ用のパーツが収まっていて、フロント周りもスッキリしていて、尚且つシャーシやAパーツも未加工で出来上がってるでしょう?

必要なパーツ類:
HG カーボンマルチワイドステー(1.5mm) J-CUP2018


あみあみ(楽天)楽天ビック(楽天)
※同型のステーでも代用可

HG カーボンマルチ補強プレート(1.5mm)


でじたみん(楽天)楽天ビック(楽天)
※同型のステーでも代用可

MSシャーシ マルチブレーキセット


あみあみ(楽天)コジマ(楽天)
※2個必要、リヤスキッドローラーセットでも代用可



2段アルミローラー用5mmパイプ(4本)



Joshin web(楽天)ホビーゾーン(楽天)
※合計6本使うため、2個必要

ステンレス皿ビスセット (10・12・20・25・30mm)


でじたみん(楽天)コジマ(楽天)

2mm皿ビス穴加工ビット (電動リューター用)


あみあみ(楽天)楽天ビック(楽天)

MAシャーシ カーボンサイドステー (1.5mm)


あみあみ(楽天)楽天ビック(楽天)
※作例で使用しているが、他のプレートでも代用可

MAシャーシ サイドマスダンパーセット


でじたみん(楽天)Joshin web(楽天)

ミニ四駆35周年記念 フェスタジョーヌL クリヤーボディセット


HOBBYONE(楽天)パピルス(楽天)

ミニ四駆キャッチャー


OHstore(楽天)お宝あっとマーケット(楽天)
※端材で十分、ない場合はFRPやカーボンの端材でも代用可

他、ビスやナット、ロックナットや2mm用ドリル、鉄ヤスリ等

それではこれより、作り方を解説したいと思います。

1.MSブレーキセットの、いわゆる「縦を横にするパーツ」を二つ組み合わせて蝶番状のパーツを作り、ビスを通してロックナットで固定、バンパーに装着する。
  fe_01
2.カーボンマルチ補強プレート(一本目)を半分に切断して、蝶番のパーツと装着、二本目のプレートと装着する部分にビスを空けておく。
  fe_02
3.カーボンマルチ補強プレート(二本目)をタイヤと同じ幅で切断してから、ボディと干渉する部分をひたすら削る
(この作業は本当にボディに干渉しないよう気を配って、根気よく削ってください、端からビスを伸ばすためのスペースはちゃんと確保すること)
  fe_03
4.20mmの皿ビスを伸ばして、5mmパイプ3本分入れてからMAシャーシ カーボンサイドステーと装着、マスダンパースクエアを乗せてロックナットでビス留めする。
(ビス頭が飛び出すとボディに干渉するため、絶対に皿ビスを使うこと)
(タイヤと被る部分はレギュレーション違反になるので、しっかり削っておく)
  fe_04
5.ボディを止めるために、ミニ四駆キャッチャーの端材でこんな感じのパーツを作って、ビスを伸ばす。
(FRPやカーボンの端材でもOK)
(ボディを乗せる時に、ゴムパイプで取り外しする感じにすると便利です)
  fe_05
6.(MAシャーシ カーボンサイドステーを留めている部分が一点留めで横にブレるのを防ぐため)ポリカの端材をサイドステーに装着して、ボディを軽く押さえておく。

  fe_06

以上で完成です。
(あんまりフロントが浮き上がってもボディが痛みそうなので)マスダンスクエアを使用してみたのですが、やはりヒクオを導入しているおかげか、落下テストでも俄然跳ねなくなりました。

フェスタジョーヌ等のフルカウル系ボディを愛用しているけど、ヒクオを導入しようとするとボディからプレートが突き出したり、ボディを切断しすぎてペランペランになるのがカッコ悪くて嫌だ!と言う方は、この「サイドステップF」を是非お試しください。

続き:フェスタジョーヌのボディを一切傷つけない内蔵フロントヒクオ「サイドステップF」の補足

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ

フェスタジョーヌ用のヒクオ「サイドステップ」を盛り込んだ新しいマシンを作成しました。

P_20181007_020445

P_20181007_020500

その名も「フェスタジョーヌ・アンバー」です。
以前に作成したボディを乗せてみた所、いい感じに琥珀色を演出出来たので「アンバー」と命名しました。
ボディはフロストイエローとフロストオレンジのグラデーションを薄く塗るだけで、半透明で内部のヒクオ部分が透けて見えるオサレ設計。

フェスタジョーヌ L クリヤーボディセット
タミヤ ミニ四駆限定商品 ミニ四駆35周年記念 フェスタジョーヌ L クリヤーボディセット 95101

楽天ビック(楽天)Joshin(楽天)

タミヤ ポリカーボネートスプレー No.42 PS-42 フロストイエロー
タミヤ ポリカーボネートスプレー No.42 PS-42 フロストイエロー 86042

楽天ビック(楽天)Joshin(楽天)

タミヤ ポリカーボネートスプレー No.43 PS-43 フロストオレンジ
タミヤ ポリカーボネートスプレー No.43 PS-43 フロストオレンジ 86043

楽天ビック(楽天)Joshin(楽天)

シャーシは以前使っていたダークブルーのシャーシを再利用。

アバンテ Mk.III ジャパンカップ 2015 リミテッド (MAシャーシ)
タミヤ ミニ四駆限定シリーズ アバンテ Mk.III ジャパンカップ 2015 リミテッド (MAシャーシ) 95087

ゼブランド(楽天)トイズセレクション(楽天)


(今思うと、ブラックのシャーシでもいい感じかも……ここら辺は好みの問題?)
ローラーはディスプレイ用に使っていたゴールドの13mmアルミローラーを移植、

  ミニ四駆ステーション限定 13mmオールアルミベアリングローラー ゴールド
ミニ四駆ステーション限定 13mmオールアルミベアリングローラー ゴールド

) お宝あっとマーケット(楽天)

フロントのバンパーは普段売りしているHG カーボンフロントワイドステー 1.5mmを使用、
HG カーボンフロントワイドステー 1.5mm
タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.498 GP.498 HG カーボンフロントワイドステー 1.5mm 15498

楽天ビック(楽天)Joshin(楽天)

さらにフロントブレーキでバットマンカーボンを組み合わせることで、蝙蝠の羽っぽいオサレな仕上がりに。
HG カーボンリヤワイドステー 1.5mm
タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.499 GP.499 HG カーボンリヤワイドステー 1.5mm 15499

楽天ビック(楽天)あみあみ(楽天)

※ローラーの保護にも役だって一石二鳥です

残りはミニ四駆キャッチャーを使った東北ダンパー等の、ありふれたチューニング内容です。

あと、フェスタジョーヌ用ヒクオ「サイドステップ」でちゃんとヒクオが機能するか実験してみた結果、ちょっとした問題が発生しました。
マスダンを乗せているプレートが一点留めなので、着地するたびにプレートが少しずつ開いちゃうんです。
構造上、二点留めにもし辛いので、こんな感じに手を加えてみました。
P_20181007_020542

これだと分かりづらいので、部分部分を解説します。
P_20181007_020542_2

要はプレートが動くのを、外側はマスダンで、内側はポリカボディの内側に貼った黒ブレーキで押さえます。
(実際にコースで走らせて発覚したことですが、黒ブレーキだけだとまだプレートが開くことがあるので、断面の面積を増やしたり、ブレーキスポンジセット付属の黒い両面テープで高さをかさ増しするとプレートが開くのを防げる……かもしれません。)

もし「どうしてもボディからビスが生えたり、プレートが突き出てたり、ボディを変に切り刻む感じのマシンには仕上げたくないけど、せめてリアヒクオだけでも導入したい!」と思ったらぜひ参考にしてみてください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ

このページのトップヘ